進撃の巨人21巻まとめ ※ネタバレ※

自分用のメモ書き ネタバレ含む

始祖の巨人は9つの力を分けた。この9つは恐らく知性のある巨人のちから。書き出してみると

始祖のちから
超大型のちから
鎧のちから(ライナーが掌握しており、エレンが接種したものとはまた別のちからと思われる)
女型のちから
腕長のちから(そばかすことユミルが掌握している巨人)
獣のちから
四足歩行型のちから
未登場A
未登場B

この9つだと推測される。エルディアが7つの巨人を掌握したとあり、ジークが「獣」となっていることからも「超大型」や「鎧」などが9つの巨人のちからのはずである。
するとエルディアが掌握した7つの巨人は「超大型」「鎧」「女型」「獣」「四足歩行」「腕長」と「未登場A」or「未登場B」となる。
つまり未登場A,Bのどちらかはエルディア側ではない可能性があるということだ。或いは壁破壊前にエルディア側に発見されて掌握された可能性もあるが。

エレンが始祖のちからを持っていることは周知の事実であるが、それが明らかとなる前からエレンは巨人化していた(これをエレン型と称する)。この「エレン型」は未登場Aor未登場Bに該当するのだろうか。
劇中に於いて、知性を持たない巨人となったアルミンが超大型のちからを奪った後、うなじから脱出していることから「知性を持った巨人」と「知性を持たない巨人」の差は「人間に戻ることができるかどうか」と定義することができそうである。
そう考えると、やはり「エレン型」や「腕長」は9つのちからに含まれると推定できる。
ここからさらに、「始祖」と「エレン型」をエレンが所持しているので、残る未登場Bもエルディア側が有している7つに含まれるという結論に至る。これまたユミルのようにエルディアから逃れた可能性もあるが。

以上の考察から現在の9つのちからの行方をおさらいすると

9つのちから所有者所属
始祖のちからエレン壁内
超大型のちからアルミン壁内
鎧のちからライナーエルディア
女型のちからアニ壁内
腕長のちからユミルエルディア
獣のちからジークエルディア
四足歩行のちから不詳エルディア
エレン型のちからエレン壁内
未登場不明エルディア

となる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント